ライブ 音楽活動

Akkowish 後記 1

2018/07/06


今年も Atsusix 聖誕祭やってきましたよ。

もともと REASTERISK のスピンアウト企画だったんだけど、本体が活動休止になってしまったので、今年は Atsusix の個人企画となった。

ところで本人のブログにこんな記事がある。

ちょうどその頃、XECSNOINが解散してしまいました。
そのXECSNOINのベースの仲良くしてるJUN君が「今後はしばらくゆっくりするよ」と言っていてすごい寂しい気持ちになったのを覚えています。
「ゆっくりなんかさせないぜ」
そして、「そうだ、あの生誕祭をやればまたJUN君がベース弾くぞ!」
と思って生誕祭を開催する事を決めたのです。

Re*-リアスタリスク- atsusix の ブログ。
https://ameblo.jp/atsusix/entry-12380246681.html

MaKORN 始めた時は知らなかったけど、今年になってこんなこと書かれたら今年も関わらないわけにいかないじゃん!

そこで Nightwish のカバーバンドで出演することに。

おれの悪い癖なんだけど、知り合いからの依頼だと日程が合って自分の技量でできる範囲なら、中身をよく確認せずに承諾してしまう。

連絡用の LINE グループから招待が来て、そのタイトルを見て気づいた「え? AKKO なの!?」

こうしてめでたく Akko に直接絡むことになりましたとさ。

NIGHTWISH

で、やるのは NIGHTWISH のカバー。NIGHTWISH はいつぞやの LOUDPARK で一度生で見てる...が、あまり印象に残ってない(笑)。

まあ今までやったことないことを 6/29 のために一生懸命やるというのはここ数年のことなので気にしない。

そもそもおれはシンフォニックメタルというやつにあまり縁がない。なんでかと言えば、音楽の好みで「歌メロ + ギターのサックリ感」を重視しているので、ギターのクリスピー感と歌メロが好みならストリングスはあまり気にしてなかった。

■シンフォニックメタル
シンフォニックメタル(英:Symphonic Metal)は、ヘヴィメタルから派生した音楽のジャンルの一つ。オーケストラや合唱とのアンサンブルを軸としたサウンドがシンフォニー(交響曲)を想起させるため、こう呼ばれる。リード・ボーカルにオペラを思わせる声楽的な技巧を取り入れたものは特にオペラティック・メタル(オペラ・メタル)とも呼ばれる。必ずしも交響曲やオペラの形式にならったものではない。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%AB

ところが NIGHTWISH はこのシンフォニックメタルの代名詞ってやつで、壮大かつ重厚なオーケストラアレンジなしには成立しない。

とりあえず音源を漁る。歌メロは意外にキャッチーだな。もっと神秘的な感じなのかと思ってた。時々変拍子入るな。3 拍子の曲も結構あるな。テンポがバカ速いってこともないし、ベースに関してはテクニカル要素もそれほどない。ふむふむ、まあイケるんじゃね?

と、思ったのが浅はかでした(笑)

ライブ映像をチェックした。

おい、ベースの兄さん、めちゃめちゃ歌ってるやんけ...。どうすんだこれ...。

続く!

-ライブ, 音楽活動

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。