ライブ 音楽活動

Akkowish 後記 2


さて、日にちが空いてしまった。

6/29 のセットリストは以下。

#1 Dark Chest Of Wonders
#2 Wish I Had An Angel
#3 Nemo
#4 The Escapist
#5 Last Ride Of The Day

Nightwish の特徴と言ったら、「聴いた感じと弾いてみるのとでは印象が全然違う」というところが大きいかな。

今回やった 5 曲では、基本的には 4/4 拍子なんだけどちょいちょい入ってくる 3/4 拍子が小賢しかったり、さりげなく転調して次のセクションでシレッと戻ってたりとかいくつかある。Last Ride Of The Day は 6/4 拍子で採るとやりやすかったな。

中でも一番大きいのは、「コード進行がなんか変」というところかな。洋楽邦楽問わずだいたいなんとなく「メロディがこう来たら次はコード変わるだろ」っていうセオリーみたいのがあるんだけど、Nightwish はそれがあんまり当てはまらないんだよね。

コードが変わりそうなところで変わらず、変わらなさそうなところで変わる(笑)。だからフレーズとして丸覚えするしかない部分も結構あったりしたな。

まあこれは時間をかければなんとかなる。となると、残る問題はアレですよ。「歌唱力」!(笑)

Nightwish 全然知らなかったんだけど、ベースのマルコは Tarot でもメインボーカル採ってるし、Northern Kings ではボーカリストとしての力量を買われてフロントを張っている。

それを、「コーラスはできなくはないけど、フレーズによる」みたいなおれが 1 ヶ月かそこらでツインボーカルの片割れを張れるくらいに出来るかと言ったら、さすがに無理がある。

そこで繰り出した秘策がこれ↓

マルコリアン召喚


Reanne くんに声かけた。Octaviagrace での活動が終わって暇だろうと思った...というのは嘘で(笑)。だいたい同じ日に「魔女と式神」での出演もあるしね。

初めは Nemo のピアノを追加したいみたいな話で、Yuvica くんが個人的にコンタクトを取ってたんだよね。そこにおれが「どうせ一曲弾くならマルコのボーカルも手伝ってくんない?」と助っ人要請をした...んじゃなかったかと思う。

これが大当たりで(笑)。はじめは 2 回あるリハのうちの 1 回に来てもらって確認すればいいよね程度の話だったんだけど、それが 2 回とも参加になり、挙句マルコのヒゲまで作ってくる始末!

鍵盤弾けてメインボーカルとコーラスができて、ヒゲまで作れる!なんて使えるやつなんだ(笑)。

まあ 6/29 はこうじゃないといけませんよ。

今回は去年までの MaKORN に比べてメンバーが住んでるところが離れてておいそれと気軽に集まれないとか、またしょうこりもなく雑コラ作ろうと思ったらアートワークがファンタジックでパクれない問題があったりとか色々ありつつも、まあなんだかんだとわちゃわちゃしてリハ 2 回を終える。

1 回目はぎこちなかった演奏も 2 回目になると「お?イケんじゃない?」になったところは流石のメンバー達でした。そう考えると、リハなしでブリンブリンの演奏を毎日こなしてるセッション、スタジオ系のミュージシャンはすごいなあと改めて思ったよ。

んで実際当日はどうだったかと言えば、これ以上クオリティをあげるには細かいミーティングと元曲とオリジナルに対する深い理解、そして個々の技量の向上が必要、なところまで行ったと思うよ。つまり即席のコピーバンドとしては上限にほぼ達したくらいのものができたのではないかと思う。

ところで、ここ 3 年くらい毎年 6/29 には参加してるわけだけど、「コピーバンドってこんなに一生懸命やるものだったっけ?」という疑問は毎年深まる(笑)。

ここで Akko の名言を紹介する「この日は一番一生懸命やった人は赤字になる」まったくだ!

そんなわけで、当日の動画がありますのでお時間ある人は見ていってくださいませ。

ん?金髪の人魚?そんなものはいなかったんだぜ。

-ライブ, 音楽活動

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。