音楽

原点は慣れ


先日小岩のバックインタイムでジャズのセッションに参加した時のこと。

アットホームな雰囲気だったのと、楽器を出したりしまったりするのが面倒だった(笑)ので、ちょっと調子に乗って最後の 1 曲はホストの東出さんが弾いてたのを借りようと思ったのよ。

まあね、ジャズセッション初参加のくせに、初見の曲だってのに何を言っているんだお前はって話なんだけど。

で、一度持って爪弾いてみたんだけど、これがもう全然弾けなくて(笑)。

同じ 5 弦ベースだったんだけど、弦のゲージも違ったのかテンション感も違ったし、ネックの持った感じも違った。

やはりというかなんというか、大慌てでそのベースはおろし、自分のベースを引っ張り出して弾いたですよ。

曲の出来はおいといて...。

その後ふとこのことを思い出して考えてみた。

楽器の最初って、操作方法を覚えることじゃない?ギターだったら C のコードはこうやって押さえてとか、ベースだったら E はここを弾くんだよとか。ピアノだったら楽譜にドレミって書いてあるから、こことこことここを弾く、みたいな感じで。

それを積み重ねていくと、曲を習得するのが速くなったり、イメージした通りに音を出せるようになったりする。クラシックだったら難しい楽譜が来てもすぐ弾けるようになったり、作曲者の意図をより深くくみ取れるようになったりする。

ピアノやドラムはその時々で弾く筐体(?)は変わるんだけど、ギターやベースって変わらないんだよね。どこに行っても「いつもの」「自分の楽器」で演奏する。ヘタしたら生涯 2-3 本で回しちゃう人もいるかもしれない。

もちろん習得の度合いが上がるにつれて汎用性は上がるわけで、新しいギターやベースを楽器店で試奏する時にもある程度弾けるし、他人のものを「ちょっと弾かせて」とやる時もそれなりに音を出せるようになる。

結局、どれだけその楽器に慣れるか、その楽器を通して音楽に慣れるかっていうことが楽器の上達、音楽の理解の深化っていうことなんだろうと思う。

慣れるから速いパッセージも弾けるようになるし、瞬間的にパッとフレーズが出せたりするようになる。

ただまあそれを、初めてやることだらけの場面でやるもんじゃなかったなっていうだけの話で(笑)。

だけどそういう意味では初めてのことをやりつつ、原点を再確認できたいい機会だったなと。

ちなみにロックベースはタブ譜でばかりコピーしていると良くない。ただでさえ単体ではコード感が育ちにくいベースと言う楽器で、さらにタブ譜丸暗記をしていると、バンドに入るとアンサンブルにはなるが、応用が全く効かなくなるので注意した方がいい。と自分の経験をもとに喚起しておく。

なお、そのセッションの模様はもうちょいしたら記事にしますので、お楽しみに。

-音楽

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。