社会 政治

軍事を知らずして平和を語るなかれ


8/15 なので、戦争に関することを書いておく。タイトルはコラムニスト勝谷誠彦の至言。

昔聞いた話でこんなのがある。ほうれん草だか人参だかを好きな子供と嫌いな子供を集めて、それぞれにその野菜を見えないようにして調理した食事を食べさせる。

その野菜を好きな子供はその野菜が入っていることを言い当てることができ、嫌いな子供は気づかずに食べてしまったとか。

まあソースないんだけど(笑)。でもそういうことでさ。

それがどんなものか知らないとそれを避けることができない、みたいな話。それが我々に重大な影響をもたらすものであればなおのこと。

戦争反対をどうやって実現するか

リアルで対面する人と戦争について語るなんてことはほとんどないので、ネット上の言説を見ていると、右も左も戦争反対と言っている。

そりゃそうだ。自衛隊を改組して正規軍にして、どこそこの島や都市を奪い取れなんてこと言っている人は、1000 人に一人もいないよ。

おれだってそうだ。死んだり腕取れちゃったりしたくない。

戦争反対。うんおれもそう思う。

戦争反対。全く同意だ。

戦争反対。世界が平和になるといいね。

で。

戦争反対ってことは、戦争が起きてほしくないと思ってるってことでしょ。「戦争反対」と唱えれば戦争が起こらないかと言えば、そんなことはない。

「戦争」とは、国家の正規軍が対国家に行うものだ。これが戦争の定義。つまり政治の一部として行われる。同国内で二つに分裂したり政府軍体反政府軍の戦闘が行われたり、あるいは民族同士の戦闘の場合は、内戦、紛争という。

ついでに、政治目的を実現するために恐怖をもってこれを推進することをテロリズムという。

つまり戦争反対ってことは、国家同士の武力衝突が起こって欲しくないということだろう。

じゃあ、それって何がどうなると起きて、何がどうなると起きないの?ということを考えないといけない。

じゃないと、それはただ「『戦争反対』と言ってるだけ」になる。

国際関係がどうなって、外交がどうなると戦争に至るのか。そこを考えないと、いつまでたっても戦争はなくならないだろう。

戦争にも種類がある。現在、国際法で侵略を目的とした戦争は違法となっている。だが自衛/防衛のための戦争は自衛権として合法となっている。

つまり、「なんでもかんでも戦争反対」は国際法に反する可能性がある。

個人的にも、侵略のための戦争は反対だが、防衛のためには戦闘を辞さないというのは至極まっとうな考えだと思う。

ところで「侵略」ってなんですかね?

人類発祥以来、正義対悪、善対悪の「戦争」はおそらくなかっただろうと思う。双方が正義だから、利害が対立して話し合いで解決できないから実力行使に至る。

他国を踏みにじってでも自国と自国民の平和と安全を保障するのが国家の究極的な目的だ。そのために外国の土地を占拠する、あるいは編入する必要がある場合、それは侵略だろうか、それとも権益の確保だろうか。

つまり、侵略とはされた側の言葉で、侵攻する側としては国益の確保でしかない相対的な言葉だ。された側は侵略されたというが、した側にとっては国益にかなったね、よかったねになる。

日本にとっての戦争の反省とは

翻って自国に落とし込んで考えてみれば、日本にとっての戦争の反省とは「こないだは負けたが、次は絶対に勝つ」これに尽きる。

近代の対外戦争は負けたらいかんのよ。戦時賠償は取られ、事後法で戦犯が仕立て上げられ、挙句憲法までいじられる。戦争はやるなら絶対に勝つ必要がある。やらないに越したことがないのは当然としても。

そこで考える必要がある。なぜ大東亜戦争/太平洋戦争/第二次世界大戦で日本は負けたのか。日清日露戦争、第一次世界大戦では勝っていたのに。

これを考えている人はほとんどいない。

戦略がまずかったのか、それまでの外交に誤りがあったのか、多少面作戦がまずかったのか、戦域と戦線を拡大しすぎたのか、情報戦で負けたからなのか、あるいは国際共産主義者の浸透を許したことが原因なのか。

色々ある。

それまではなぜ勝っていたのか、そして次はなぜ負けたのかを検証しないと、同じ過ちを繰り返しかねない。

同様に、戦争を防ぐには、戦争がなぜ起こるのかを知らないと防げない。戦争がなぜ起きるかを知れば、戦争を起こしたい人の思考もわかる。その時初めて戦争を防ぐことができるのではないだろうか。

戦争反対と口先で何百万回言ったところで、そこで思考停止していては、むしろ情報操作のいい標的になるだけだ。馬鹿は誘導しやすいからだ。

第二次大戦以降も、世界では多くの戦争、紛争、内戦が起きている。最近ではテロリズムにも対抗する必要がある。

戦争反対を言う人ほど戦争について知る必要がある。反戦平和を言う人ほど、軍事学、地政学を知る必要がある。戦略と戦術を研究する必要がある。

武器は世界中にばらまかれている。全員が武器を放棄した平和は訪れない。軍事力が拮抗して初めて戦争が起きない。「この国を攻めるとタダでは済まない」と相手に思わせてこそ戦争を防げる。それが現在のリアリズムに基づいた戦争反対ではないか。

「戦争には反対するが、軍備は必要だ」この理屈を矛盾だと思わない意識の構築がまず必要だ。

-社会, 政治

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。