音楽活動

「みずいろの雨」(八神純子)のベーススコア

2017/01/04

昨日ライブ動画を出したので、今日は楽譜(笑)。

元ネタはコレね。

音源より尺が長いのと、このライブ映像にベーシストが映ってない!(笑) クレジットにも書いてないし。でもベース入ってるから、同期なのかな?八神純子ってこの動画の時点で 57-8 歳なんだけど、声はいまだにパワフルだな~。

楽譜は ココ に置きました。おれが弾いたやつだから簡易版だけどね。

曲は音源通りのテンポだと意外に速いんだよね。そして気づいてしまった。この曲、ほぼルートと 5 度 (+8 度) しか弾いてない...。まあサンバってそうなんだけどさ。B メロの二拍でコードが変わるところは、音源だともうちょい気の利いたフレーズなんだけど、そこも簡易化しております。

なので、この曲をコピーしたいという奇特な人がいたら、手の形を決めてしまって、あとは左手全体のポジショニングでそのまま横移動でなんとかなってしまうのだ、と言っておこう。

あとは、A メロの 1 度、5 度、8 度のアルペジオ的なフレーズは、1 度を付点八分よりももうほんの少しだけ長めに弾いた方が、それっぽくなるというか、ドラムと合いやすいみたい。

最後のギターソロのパートは、ずっと同じフレーズだとつまらないし、今何小節目かわかりづらいので、4 小節ごとにバリエーションで弾いている。ブレイクから三回し半やってキメ入れて終了、って感じ...になるはずだったんだよ、ホントは(笑)。

この曲、ツータターツツータターツーという独特のサンバのフレーズがなかなか体に入らなくて、小節感がわかるまではちょっと大変だったんだよね。こういうしっとりした曲のベースって、うーんなんていうのかな、個人的なイメージで言うと、空間の色をどうするか、みたいな感じなのよ。BLEACH で空中や霊界と人間界の間を移動するときに霊圧で足場作る、みたいな...よけいわかりづらいか(笑)。

で、うっかり気づいてしまったことがある。今まで XECSNOIN がメロデスだったし、次の MaKORN はニューメタルで、とにかくパワーパワーモアパワーなわけよ。パワパワじゃないよ。ところがですね、この大晦日のセッション大会で、デカいエフェクターボードを持って行ったんだけど、なぜか音が出なくて(笑)。困るよね。こないだまでちゃんと出てたのに。

んだもんで、しょうがないからベース本体からアンプに直接つないだのさ。アンプ直っていうかライブだから DI 直だよね。外音はベースの生音っていう。全裸で外歩くみたいなもんですよ。まあそれはいいとして、普段ベース本体の EQ ってローもハイも両方フルブーストなんだな。なんせ音圧重視だから。ところがね、生音で DI → アンプってやったら、音がブワンブワン回っちゃって、自分でも何弾いてるのかわからないくらいだったのさ。

そこで、EQ のブーストを切ってみた。そしたら奥さん、ブーストしない方がヌケる!んですよ。まー困りましたよ、ある意味。今後の MaKORN に差し障りますわ。まあでも終わった後に、「ベースの音が良かった」とホメられたから結果オーライかな...かな?

さて、まあこんな曲弾く機会なんてそうそうないから、そろそろロックモードに戻りましょうかね。

-音楽活動

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。