車とバイク

ピックアップトラックでジャンプ台飛んでコーナー攻めてみた


久しぶりにマイナーモータースポーツを紹介するコーナー!

今日は、SPEED Energy Stadium SUPER Trucks というやつ。Super Trucks で検索するといいかな。

ま、なにがどうかってのは動画を見れば一発なんだが、要するにピックアップトラックでオンロードとオフロード混成のコースを走るっていう。ピックアップトラック大好きアメリカ人ですから。むしろこうしたきちんとしたシリーズのレースが今までなかったのが不思議なくらいだわ。

このレースの最大のポイントは「ジャンプ台」。これがけっこうな高さと飛距離が出る。おかげでサスとタイヤを柔らかくしないといけなくなり、そのせいでコーナーが不安定なる、っていうか普通にハンドル切っただけでイン側がリフトするくらいのかなり不安定なマシンにせざるをえない。

きちんとジャンプ台に正対してから飛ばないと、着地するときに明後日の方向に行ったり、足回りにダメージが来たりする。正直ジャンプ台飛ばない方が速いと思うんだけれど(笑)、「なぜジャンプ台を通るのかって?デカい車がジャンプしたらすごいだろうが!HAHAHA」くらいなもんだろう。

サスがふにゃふにゃなので、加速するとフロントがリフトし、減速するとフロントが下がるのが外から見てわかるくらいになる。結構マンガっぽい動きになるな。重心が高いのとあいまって、フロントは結構なネガキャン。外から見てわかるくらい。

速度域は 200km/h 越えるらしいけど、空力はあまり気にしてないようだ。なにしろフロントとリアしかウインドスクリーンがない。インディーカーかよ。

フロントにヘッドライトとグリルがある...と見せかけて実はこれ描いてあるだけっぽい。

とまあこんな車でレースやるもんだから、ドツキ合い上等だし、ジャンプ台超えたらリタイヤする車はあるし、オフロードコース、オフロードとの混成コースでは、コントロールしきれなくてどっかいっちゃう車はあるしで、アメリカらしく「外から見てわかりやすいレース」になってる。

まあ日本には入ってこないと思うけど、見てる分には騒がしくて楽しい(笑)。

-車とバイク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。