音楽

初めてのコンサート


こう見えて実は昔は「コンサートなんて行かずに CD 聴いていればいいじゃん」と思ってたんだよね。メジャーでこんなだったし、「インディーズ?なんでクオリティの落ちるものをわざわざ金払って見に行くの?だいたいインディーズってなんかアヤシイし」とすら思ってた。人間、変わるもんですね。

初めて自分から観に行ったロックバンドの生演奏は、確かテレビ東京の「eZ a GO! GO!」という音楽番組の公開収録だった。Wikipedia の記載を見ると、年代が合わないんだけどなぜだろう(笑)。それに友達が抽選で当たったから一緒に来なよって誘ってくれたんだよね。

で、上に書いたような考えだったのになんとなく気まぐれで一緒に行くことにした。どこかのスタジオまで行ったと思うんだけど、どこまで行ったかなあ?忘れてしまった。1 時間かそこらのライブ演奏の収録だったと思う。当時安全性の確保なんてたぶん全然考えられてなくて、カメラが置かれてカメラマンが乗ってるイントレの下にもぐりこんで見てたな。今考えるととんでもないけど(笑)。

イントレ

そこで、大阪拠点の BAD MESSIAH とデビューした直後くらいの JUDY AND MARY を見た。正直 JUDY AND MARY は全然ピンと来なくて、むしろ BAD MESSIAH の方を良いと思った。しかし残念ながら、当時家の近所のレコード屋 (演歌歌謡曲中心) では BAD MESSIAH の取り扱いがなく、その後ジュディマリの方が圧倒的に露出が増えていったので、BAD MESSIAH のライブにもう一度行く機会はなかった。

これでコンサートというものはなんだか楽しくて良いものらしい、という認識を得た。次はその同級生と一緒にユニコーンの武道館に行った。当時ユニコーンのコピーバンドをやっていたのだ。この武道館で完全にヤラレた(笑)。コンサート (まだ「ライブ」と言ってなかった) はとても楽しくて良いものだと思えた。

そういえば当時小遣いが月 1500 円かそこらだったのにこの武道館はどうやって金を工面したのだろうか...。ついでに言うと、その武道館の翌週のユニコーンのラジオ番組でしれっと解散が発表されたずっこけたものである。

その次は Gargoyle の日清パワステ...に行こうとして飲み過ぎた先輩を介抱してて行けなくて、その次はラルクのメジャー 1st ツアーだったかな。東京ベイ NK ホール。周りが初めて見るコスプレ集団で真っ白でビビった(笑)。

一方、初めてのライブハウスはと言えば、高校の軽音部の先輩が出るから来いと言われて行った高円寺の RITZ (今は CLUB LINER と言うらしい) だった。狭くて地下に伸びる怪しげな階段を下りていくと、防音扉のとその前の受付の前でモヒカンと革ジャンがつかみ合いをしていて、当時まだマジメくんだったオレは、それはそれはビビったものである。ここで帰らなくてよかったと今は思う(笑)。そのライブもなんだか楽しくて、「ライブハウスも良いものだ」と思った。

で、時は流れ、気づいたらインディーズ中心に年間 100 本くらいライブを見るようになって、あろうことか人様のライブを見て記事を書いて雑誌にのるようなことになっている。世の中何が起こるかわからないものだ。

誰かの生演奏を見た人が、その人の演奏は良いと思うことはあっても、ライブというもの全体が良いものだと思うかどうかはわからない。ただ数千本のライブを見てきた今だから言えるのは、CD でも YouTube でも体験できない世界がそこにはある、ということだな。いつかのおれのようにインディーズはアヤシイからヤダな人はメジャーのコンサートでもいいし、近所の気軽に行ける小さなライブバーでもいい。空間を共有して耳だけでなく体感する音楽には、日常の枠を越えた新しい体験ができる機会なのだ。

ということで、みんなライブ見に行けよ!っていうことを言いたかったわけよ。(笑)

初めて買った CD や音源のインタビューや記事はよくあるけど、初めてのコンサートってなかなかないなと思って書いてみた。みなさんはどうかな?

-音楽

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。