社会 政治

あなたの一票が世界を変える!


「どうせ自分一人くらいが選挙に行かなくても何も変わらないから行かない」っていうのをどうにかして覆すというか言いくるめてみたいんだよね(笑)。

まあ前提として、投票は権利なので、それを行使しない自由もあるということは挙げておく。

政治に興味ない

ケース 1。小さいころ通っていた学校も、今日歩いていた道路も、区役所が遠いのも、あれもこれも、けっこう政治と行政の結果だったりする。ヘタするとあなたの給料が安い原因の一つも政治のせい。

政治の影響は、基本的に万民に及ぶ。自ら関係性を拒否して無人の荒野で世捨て人でもやらない限り、基本的に国家に所属する人間は政治に影響を受ける。

ゆえに、人間は全て政治的な存在と言える。政治的でない人間などいない。

つまり、政治に興味がないというのは、自分の存在に興味がないということができる。

自分に興味ない人いないでしょー。じゃあ投票行こうよ、っていう。

まあ詭弁ですよ...。興味ないもんはしょうがないかもしれない(笑)。

政治家が嫌い

ケース 2。政治家が嫌いってことは、何かしら悪いニュースを見たり、何か悪い影響を受けたから嫌いになったのだろう。

その場合、むしろ政治家の事務所に乗り込んでいって「お前の政策が悪いから、おれが迷惑している。どうしてくれんだコラー」と言った方がいい。何しろ政治家の給料はおれらが払っている税金が元になっている。

おれらがスポンサー、クライアント、株主みたいなもんで、おれらの社会や生活を良くするために政治家に実行を依頼して給料出してやってんだから、コスパが悪かったら文句言って当然じゃない?それで直らなければ発注先変えるぞ!って言うしかない。

というわけで、政治家が嫌いなやつは、むしろ選挙に行って自分好みの政治家に投票した方が精神衛生上もよろしい。

自分一人くらい選挙に行かなくても何も変わらない

ここで「変わる」「変わらない」の話をすると、未来の可能性についての話で水掛け論になり、「わかんないんだったら行かない」という選択になるに違いない。

そしてむしろみんなが大挙して投票に行ったがために民主党政権が生まれてしまったという悪しき前例もあったりする (2009 年の衆院選は投票率 69.28% とその前後数回の中では高い率だった<出典:総務省>)。

そう考えると、投票率が高いと、変な政権が生まれる?あれ?この話、終わり?(笑)

違 い ま す 。

間違った選択をしたから、間違った政権が生まれてしまったわけで、適切な投票をすれば、適切な政府が生まれる。まさに福沢諭吉が「学問のススメ」で書いた「政府・国家は国民の鏡」「愚かな国民は愚かな人を代議士に選び、賢い国民は賢い代議士を選ぶ」これなわけよ。

無気力な人が増えると政府も無気力になり、きちんと政策で判断して投票する有権者が増えればそれに呼応する政治家が生まれる。

銀英伝じゃないけど、間接民主主義って面倒な制度なのよね。常に国民が積極的に政治を監視あるいは介入していないと腐敗が起こる。ただ、良いところはそれを合法的に正す手段があるってこと。王政や独裁制にはそれがない。

確かに一人の天才、あるいは非常に有能な政治集団がいれば、一般国民は放っておいても良い政治が施されるかもしれない。が、じゃあその指導者が腐敗したり、誤った政治をおこなったりしたらどうするのか?っていうことよね。十二国記だと国が傾いて妖魔が出て、人々が食われてしまうのだが。

そういう意味では、民主制は常に誰かが見張っている必要がある制度で、常にある種の新鮮さが求められる。

その新鮮さというのはつまり、政策の実行度合であったり、議会の進行具合であったり、あるいはそもそもの一挙手一投足から税金や政治資金 1 円の使い方までにチェックが入ることで保たれる。

とはいえ、政治家じゃない人はそんなにヒマではないので、毎日この政治家がここでこういうことをしてココがダメだったとチェック入れまくるわけにいかない。だから、ほどほどに見ておけば、本人の公正さで不正を働かない政治家を選ぶ必要がある。結局こういうことなんだろう。

その一票が世界を変える

で、話を戻すと、個人的には、選挙の投票には「世界を変える可能性がある」と思ってるのよ。投票しないことで「何も変わらない可能性」もあるなら、その逆に投票したら「地球上あまねく影響を及ぼす可能性」もあるわけじゃない?

1. 賢い政治家を選ぶ。
2. 政治の良い点が発揮され、悪い点は修正される。
3. 国家が繁栄する。
4. 他の国が真似をする。
5. 世界中で日本の政治は良い政治だと言われる。

とまあこんな具合ですわ。交番制度の輸出なんてそうだよね。日本の政治、社会制度が外国にまねされて、その国の治安を変える。

経済でも、正しい経済政策を持った政治家を選出することで、景気が良くなる。そうすると、自国への海外からの投資が増える。利益や配当、それに伴う納税は外国に収納される。その国の財政が潤う。その国の政治が変わる。

ほら!世界を変えたでしょうが!(笑) いやでもこれは結構マジであると思ってる。なにせ日本人賢いから。

というわけで、「どうせ投票行っても」と言う人がいたら、「え?世界を変えるヒーローになるチャンス捨てるの?」と言ってあげてください。残念だなー、まあまかせろ。代わりにおれが世界を変えておくから。

-社会, 政治

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。