音楽 社会

公営 JASRAC ってどうなの?


著作権管理の問題を考えていたら、とある案を思いついた。

著作権管理団体を公営にしたらいいんじゃないか?

JASRAC の問題は、徴収した著作権使用料の流れが不透明な点と、一般社団法人による営利事業のため JASRAC が利益を取るという二点にあると思う。

そもそも著作権料は個々の作品の売上の一部を、著作者の権利として同者に還元するという目的がある。これは著作権者に適切に還元されればよいのであって、JASRAC の職員が私腹を肥やすためにあるのではない。

そこで、経済産業省の配下に著作権管理庁、あるいは既にある特許庁の内局あたりに著作権管理局というような部署を作り公務員が業務に当たれば、利益を取る必要がなくなる。職員の給与は税金から支払われるので、徴収された著作権料は中抜きをされずに著作権者に還元される。

金の流れについても、不透明な部分は情報公開請求や国会での質疑によってデータを出させることができるだろう。

支払いの制度はシステム化してしまえばよいし、振込手数料があったとしても公営なら無視できるかもしれないので、ひょっとしたら 1 円単位で正確に配分されるかもしれない。

と考えたら、なんで著作権管理を営利団体がやっているのか、必要性がわからなくなってきた(笑)。

まあこういうことをやると、民間の著作権管理団体 (特に JASRAC 以外の小規模事業者) を駆逐してしまうし、独占禁止法の絡みも気になる。とはいえ、現状既に JASRAC が包括契約が独占的であるとして公正取引委員会から指摘を受けている経緯もある。

そもそも営利事業じゃないから、独占禁止法にひっかかるもんだろうかね?

要は、著作権料は適切に著作権者に還元されればよいのであって、それを管理するのが JASRAC でないといけないということはない。さらに、それを営利事業でやる必要もない。

商品には JAN コードがついているし、放送媒体で使用されたとしても何をどれくらい放送したかということは、逐一データ管理ができるはずだ。マスメディアと言われる大規模事業者やコミュニティ FM くらいであれば、そのくらいの管理はできているだろう。今日ライブ演奏された曲のどれが著作権管理曲なのかという点から掘り起こすライブハウスとは、体制が異なる。

役所がバカ真面目にデータを集積することで、自分の著作がどこでどれくらい使用されたかということを著作者に開示することもできるようになる。

世の中規制緩和、民営化の流れだけど、なんでもかんでもそっちに向ければいいってわけじゃない。不必要な規制 (文科省の獣医学部新設規制のような) は緩和されればよいし、逆に規制が緩すぎて業界が死にそうなところ (タクシー業界など) は規制を強めても良い。

役所でやる必要がないことは民営化すればよいが、民間事業でやっていて本来利益を受け取る人が正当に受け取れていないのであれば、JASRAC が規制団体、利権団体になっていて、受益者 (著作権者) の利益を妨げているのであれば、公営化してそこを改善すればよい。

ということで、著作権管理は国がやれ!というのはどうでしょう?

そういえば TPP の公称項目に「知的財産権」ってあるけど、これ著作権も入ってるじゃんね。国の管理にすれば、外国との交渉もやりやすくなるんじゃないの?

-音楽, 社会

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。