社会 政治

SNS に夢見すぎないように

2018/03/23


なにやら最近 SNS でリアクションすると国会に呼べとかいう話があるみたいなんだが、バカを言うなと(笑)。言論の自由や表現の自由はどこへいったのかと。

SNS に馬鹿正直になりすぎ病

mixi 時代から一定数いるんだけど、SNS に一生懸命になり過ぎる人ってのがいるんだよね。

見に来たらコメントしてください!足跡でわかるんですから (mixi) とかね。懐かしい(笑)。

使う立場によって色々あるけど、SNS の基本って、「やりたきゃやるし、やりたくなきゃやらない」なのよね。

んで、他人からの投稿に対するリアクションも、「したいものにはするけど、したくないものにはしない」これもまた基本なわけだ。

だから別にハートマークつけようが、「いいね!」を押そうが、コメント来ようが、それにレスしないといけないってことはない。

「SNS 疲れ」なんて言葉があるけど、疲れるほどやっちゃう人は向いてないか、使い方が下手ってこと。

と同時に、ボタンに「いいね」と書いてあったからと言って、そのアクションが本当に「いいね」と思ったかどうかはわからないわけよ。推定でしかない。

たとえば、とある投稿にコメントするじゃない?コメントするのはその人の自由なわけよ。ただし、コメントに投稿者からのレスポンスがあるかどうかもまた向こうの自由。だから、レスが来ないと言って怒るのはお門違いということ。

その話は終わったものとして次に行くのが唯一最善の道。

SNS でのつながりなんてすげーゆるいものなのよ。そして投稿に対するリアクションをすべてカバーできるわけがない。

それをしようとする努力することは悪いこととは思わないけど、規模が大きくなるとあっという間に物理的に不可能になる。

仕事中は見れないし、移動中も運転してたら見れない。寝てる間も SNS 見れない。一日のうち SNS に関われる時間ってどれくらいあるんだって話で。

だから、そこにはあんまりマジになっちゃいけないわけだ。もちろんシリアスな内容を投稿してたら別だけどね。

けれど、シリアスな内容だからと言って、レスに全部応じない自由も当然ある。同時にそれにともなって「議論から逃げた」と言われるリスクも当然あるわけだけれど。

このへんが織り込めないと、色々と面倒なことになりやすい。

まあとにかく、個人で SNS を使う上で、あんまりガチになっちゃダメなのよ。馬鹿なことを言ってる人がいたら「ふーん」とスルーしてればいいし、めんどくさそうな話は見なかったことにしていい。

もちろん、「いいね」を押したからと言って、それが「『いいね』と思って押したのだと決めつける」なんてことは、無駄の極み、言語道断、センス無さすぎってことなわけ。

だからーもうちょっとマシな議論を国会でしてほしいな~と思う今日この頃。

いいね押したくらいで国会に呼ばれてたら、SNS で政治経済ネタをバンバン書いてるおれなんて死刑になっちまうよ(笑)。

-社会, 政治

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。