音楽

目的から手段を考える


よくメン募で「プロ志向」とか「プロ目指してます」といったものを見かける。ライブハウスシーンでも同様。

しかしよく考えると、発想がおかしいことに気づく。

プロになることが目標だと、プロになった時点で終わってしまう。

プロになって、その上で何をしたいのかを考えた方がよほど奥行きが広がるというものだ。

「それは字面の話、言葉の綾だよ!」といえばそうなんだけど。

そして、じゃあそのキミが目指してる「プロ」って何?どういう状態のことを言っている?ということも合わせて考えたい。

現状の自分のバンドがそれ単体で日々生活していけるだけの資金を稼ぎ出せるようになれば、それに越したことはない。が、現実はなかなかに厳しい。

例えば、バンドもやってるけど専門学校か何かで講師もやっている。これだって十分に「音楽のプロ」ではある。

最大限広義に言えば、有料でライブをやって動員が一人でもあったら、それだって音楽で金を稼いだのだからプロと言える。まあ、このくらいになると心構えの話になっちゃうけど。

目標を具体的に設定することで、そこへ至る道のりも考えやすくなる。そうすることで、「いつか叶うかもしれない曖昧な夢」から「実現可能な現実の目標」に姿を変えさせることができる。

もちろん、物事はそんなに簡単に進まないし、現実は甘くない。むしろだからこそ、目標をより強烈にイメージできた人の方がそこへ至るエネルギーを失わずに済むのではないだろうか。

「プロ」「ミュージシャン」というのは、実は状況のことで、それとは別の目標を実現した時には既になっているものだとしたら、また考え方も変わってくるかもしれない。

-音楽

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。