音楽

音楽と感情


音楽をやるのに感情表現を優先するかそうでないかという論争は常にある。

確かに、技術が不足している人が、本当はこう弾けたらいいのに弾けないからという理由で荒々しく弾いたりするのは、そりゃ雑とか適当の類かもしれない。

楽曲に対して必要十分な技量がある場合、淡々と弾いてもその曲は十分に成立するだろう。

でも誰しもの根幹に共通するのは、音楽をやりたい、より良い音楽を作りたいという情熱であって、それに基づいているのであれば、感情の入っていない音楽は存在しないとも言える。

降ってわいたフレーズをなぜ曲にしたのか、そのイントロは、その歌メロはなぜその曲になったのか。そこでなぜパワーコードなのか、なぜアルペジオなのか、なぜそのメロディはそういう音のつながりになっているのか。

その選択をしたものは何なのか。その曲をこの世に存在させたのは、作曲者の意思だ。

仮にバンドメンバーが「作曲した他のメンバーにこう弾けと言われたから」という理由だったとしても、その曲を演奏するからにはその意思を代替する必要がある。

それに音楽は「出ちゃう」ものでもある。人間の演奏を録音した音源はもちろん、打ち込みのみでできている音楽だって、その点は変わらない。

小さなステージでお客さんとゼロ距離でやるような場合には、その人の性格や体調すら読み取られてしまう場合もある。

淡々と弾くべき曲なのか、頭から最後まで突っ走る曲なのか、一点に集中させる曲なのか、楽曲が求めるという人もいるが、その曲を生み出したのは作曲者の意思でもある。

あとは、曲と演奏者との技量の問題になるのではないだろうか。技量が足りなければ楽曲の構成に必要な音を出すことができない。技量が足りていれば、あとはどう弾くかの選択になる。

高い技量があれば、必要最低限の技量しかない場合に比べてフレーズの選択の幅が広がるし、それによってその曲の魅力をより効果的に引き出せるかもしれない。

音楽は感情に基づいているが、それをより良く出すためには演奏の技術がいる。演奏の技術はなんのために高めるのかと言えば、その最初の感情をより良く出すためだ。

それは車の両輪で、どちらかだけでいいという話でもないんだろうと思う。

高いレベルのアーティスト、演奏者のインタビューなどを読めば、エモーショナルでなくてよいと言っている人などいないことがわかる。選択の結果として「感情を抑えた表現」をすることはあるにしても。

そして、エモーショナルであるために高い技術が必要な場合もある。それはジャンルを問わない。

クラシックやジャズの論評で定番なのは「高い技術に裏打ちされた○○表現」というやつだ。論者のペンを走らせたその音は、高い技術の産物であるのだが、その音を出したいという演者の意思があったからこそでもある。

技術がありさえすれば良いというものでもない。しかし技術がなければより高みを目指せない。音楽と言うのは、そういう実に因果なものなのだろう。

-音楽

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。