言語一般 日本語 社会 言語 文化

言葉狩り


とあるネット番組で八百屋と魚屋が放送禁止 (自粛) 用語になっていると聞いて心底驚いた。

「屋と付く職業は安定収入を得ていなかったという歴史的背景があるため、いわゆる「日雇い」を侮蔑する意味と同義で差別用語とされます」ってことらしい。

日雇いってその日その日で雇われてるから日雇いって言うんでしょ?どこが侮蔑?ていうか小売業の収入が日ごとに変わるのは当たり前じゃね?

ソースを検索したのだけど、明確なものは見いだせなかった。一応それっぽいのを以下に貼っておく。

■え、なんで!? 意外な【放送禁止用語】一覧 (NAVER)
https://matome.naver.jp/odai/2136137144121595601

■意外と知られていない放送禁止用語 (NAVER)
https://matome.naver.jp/odai/2140986844756606901

あとこんなのもある。

■放送禁止用語一覧 (monoroch -モノロク)
http://monoroch.net/kinshi/

上記のリンクを見てもらえればわかると思うけど、放送禁止になった理由については「え?そんな理由で?」というような馬鹿馬鹿しい理由であることが多い。実にしょーもない。

根本的には NHK が出版している「NHK 新用字用語辞典」あたりを参照するしかないと思われる。ただの特殊法人が世の中の言葉遣いを決めるのもどうかと思うけど。

こういうのって、邪推だけど、抗議してくる「いわゆる『市民団体』」の声がでかいってのもあるんだろうけど、マスメディア側も抗議されるのが面倒だから抗議されたら自粛、ヘタすると先回りして自粛とやってきたことの積み重ねなんじゃないかな、と穿った見方をしてしまう。

片手落ちが障害者差別だなんて考えたこともなかったわ。むしろ広義された方は、「片手落ちは『片』『手落ち』です。あなたが言うような意図では使っていません」と突っぱねて、それを放送するくらいなのが言葉を巨大な伝播力で扱うマスメディアの役割ってもんじゃないかと思う。

さっきの八百屋と魚屋に戻ると、「屋」については、自称するのと「~さん」付けで他称するのは問題ないらしい。「八百屋」と「八百屋さん」との間に何か違いがあるのか?(笑)

言葉ってのは社会を動かしていく上で重要な要素の一つなんだよ。

人間は言葉を使って思考し、言葉で意思を伝える。文字を読んで人間が考え、また言葉で施行する。文字に残しておけば時間が経っても情報を伝達できる。

それを愚にもつかないしょうもない理由で駆逐していってしまうと、本来できたはずの適切な表現が回りくどいものになり、正確さが失われて行く。

時代の移り変わりとともに使われない言葉も出てくるわけだけど、それって意図的に禁止されるものじゃないんだよね。社会がゆっくりと決めて行くものなんだ。

色々あるよ。気違い、片輪、盲 (めくら)。最近では看護婦、婦警、女優なんかの職業名。スチュワーデスも客室乗務員や CA になったな。スチュワードもいたのにね。「釣りキチ三平」はどうすればいいでしょうか?

なんでもかんでも自粛すりゃいいってもんじゃない。区別と差別は、それこそ区別して考えないといけない。

そのうち「言葉狩り」は「狩り」が野蛮だから自粛しようとか言い出す人が現れるんじゃないかと思い始めた(笑)。

-言語一般, 日本語, 社会, 言語, 文化

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。