告知 音楽活動

ROCK TRACK ADDICTION 第186回!


最近ブログの頻度が減っていたためにろくに宣伝してなかったのだが、今回は宣伝です!(笑)

ネットラジオ Radio T.N.T 内のインディーズ HR/HM を紹介する番組 ROCK TRACK ADDICTION (RTA) の第 186 回が公開されましたよ!

■ 第 186 回「ズンチャッチャからのギャー?」
http://yanoccye.seesaa.net/article/466647006.html?1559829638

今回紹介したのは、この五組!

Kiss the Quartet
ILLUSION FORCE
THE SHEGLAPES
Adrastea
Six Sense

この中で個人的な好みを言うとすると、Kiss the Quartet かな。Time paradox は結構スルメ曲なので、ライブ会場でゲットして何十回もリピートして聴いてくださいませ。

べ、別に昔から個人的に知ってるから推してるわけじゃないんだからねっ!(///)

いやほんと。やっぱ J-POP 出身者としては、歌メロがきれいで曲に透明感があるとグッときちゃうわけよ。

というわけで、Dear もいいぞ(笑)。

ROCK TRACK ADDICTION の MC 始めて、ようやく半年くらい経ったかな。

まだまだぺーぺー MC ですが、できる限り「番組単体として聴いて面白い」ものにしたいと思ってますので、今後とも聴いてやってくださいませ。

リクエストなんかもおれ個人に声かけてくれてもいいので。

なんなら音源出したバンドに関してはこっちから声かけて回ってるくらいなので(笑)。

今回のキスカルもそう。「音源出したんでしょ!宣伝しようぜ!」と言ってユキトくんに交渉したくらいで。

どこで誰が聴いて何に引っかかるかわからないので、発進媒体は多い方が良い!とおにいさんは思うわけですよ。

やってみてわかった MC の難しさ

ということでここでちょっと RTA の裏話をば。

今まで長いことステージに立って人前で演奏してきたけど、それってサオ持って両手ふさがってる状態だったんだよね。

それが最近どういうわけか、吉祥寺トークセッションなんかもそうだったけど、身一つで「喋る」機会がが増えてきた。

今まで両手がふさがってたのに、喋る場合は、片手持ちのマイクがあるかどうか。

さらに、すでにある曲を再現するんじゃなくて、話の流れに応じて臨機応変に対応しないといけない。

RTA も一応台本あるけど、フリートークの部分も多いからね。

そういうことをやってきてわかったのは、テレビの「司会」やラジオのパーソナリティってすげえな!っていうこと。

あれって、ただグダグダ喋ってるんじゃなかったんだよ!(笑)

やってみてようやくわかるこの難しさ。

正直、最初に RTA の話もらった時は、「え?何か喋ればいいの?」くらいに思ってた節が無いとは言えない。

こうやって文字を書いてるのが一番楽なくらいだ。

なにしろ推敲はできるし、時間をかけても大丈夫。

でも喋るのはそうはいかない。瞬間的に発話して、他人が聴いてわかるようにしないといけない。

ぶっちゃけあんまり滑舌良くないし、噛み癖があるから、よくまあこんな人間を MC に抜擢したなと思ってた。

しかし受けたからにはできるだけのことはやる。今できないことでできた方が良いことはいずれできるようにする。

そんなこんな考えていると、ネットのトーク番組やラジオの聴き方も最近変わってきた。

「あ、ここで話整理したな」とか、「今のシメうまいな~!」などと思いながら聴いてる。

特にラジオ (AM/FM 問わず) のアナウンサーがすごい。CM 中に話の流れを思い返してみると、あれ?結構強引にシメた?と思うこともあるんだけど、それでもリアルタイムだと不自然さを感じることはあまりない。

やっぱ職業として喋る人は一味違う。

あと、鼻をすする音やボールペンが立てる音なんかも意外と気になる。不規則な音は癇に障るので自分も気を付けようと思った。

もうどっちの音に注力してるんだっていう感じではあるが、一応まだメインはベーシストです(笑)。

そんなこんなやりながら、200 回が見えてきたので「特集やります?」と言ったらプロデューサーに「そういうのはやらないのが RTA 風」と言われてしまったので、これからもちょっとずつ頑張ります!

-告知, 音楽活動

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。