社会 政治

選挙に対するリクエスト


参院選の期日前投票に行ってきたんだけど、選挙に行くたびに思い出す選挙に対するリクエストを書いてみる。

電子投票

選挙に行くたびに「お、紙と鉛筆か...」と妙な感慨がある(笑)。

まあそれはいいとして。

一人が選挙で投票できる場所は世界で一つしかない。

公示(告示)日翌日から投票日前日までは市区町村の役所などの期日前投票所。投票日は指定の投票所。

年寄りと違って若者は忙しいんだよ!出先でピッと投票できたら投票率上がるでしょうよ。

例えばコンビニ、例えばホームセンター。買い物ついでに投票所があれば、休日も家族サービスで忙しい子育て世代でも投票しやすくなる。銀行のATMとリンクさせたっていい。

もちろん、そのためにはセキュリティの確保と投票のネットワーク化が必須。

なりすましで投票できないように、マイナンバーと生体認証を関連付ける必要があるし、コンビニで投票した人がその後別の場所で複数回投票することを防ぐシステムを作らないといけない。

で、ですね。

これをやると、当然PCやスマホから投票できるようになる。

もちろん重大な話だから、セキュリティの確保のために生体認証の登録をどうするかという点と、破られないセキュリティは無いという問題は残る。

まあそのへんは行政に頑張ってもらう。

ただ「投票に行け」と呼びかけるよりは環境を作ってしまった方がよほど実効性はあるだろうと思う。だいぶ予算と労力いるだろうけどね。

生体認証登録するのがめんどくさいという人には今まで通り投票所に行ってもらう。使える制度を作ったら、それを使うかどうかは個人の選択による。

おれの一票、ちゃんと入ってんの?

もう一つ。

自分の入れた一票がちゃんと有効票になっているのか、きちんと投票した相手の得票としてカウントされているのかを知りたい。

無効票になったのであれば、何が問題で無効票になったのか理由を知りたい。

現在、選挙には各陣営から立会人が行って集計された票に誤りがないか確認している。

ところが、有権者自身が投票した票がどうなっているかを確認することはできない。

選挙管理委員会と選挙制度が有効に機能していることを期待するしかない。

選挙の確度を検証するという意味でも、自分の投票が事後に確認できるシステムはあった方がよいのではないかと思う。

民主主義は文字通り国民の主体的な参加を要求する制度。

であれは、過去の選挙において自分がどの候補者、政党に投票したかは検証できる方がより良いだろうと思う。

それにより、自分が投票した候補者が今政治家として何をしているかを検証することにつながる。

ぶっちゃけ、過去に誰に投票したかなんて覚えてないでしょ?(笑)

こんなの、上に書いた電子投票とリンクして総務省のサーバーにデータ置いておけばいい。

まあ、選挙は国政選挙に限らなず市町村の議員、首長の選挙等もあるので、毎年数千万件のデータが集まることになる。

IT的には結構大きい案件にはなるのでサーバー管理費と電気代が結構なことになるとは思うけど、そのためだったら税金使ってもいいと思うけどね。

そんなわけで、おれからのリクエストを書いたわけだけど、投票が手軽でさえあればいいとは必ずしも思ってない。投票しない自由もある。

とはいえ投票率は上がった方がいい。国民の声がより政治に反映されることになるわけだから。

ということは、制度のせいで投票できる機会を放棄せざるを得ない人がいるとしたら、それは救済した方がいいだろうと思う。

それに投票のために仕事や外出の予定をやりくりするより、電車の中でピッと投票できたら、その分経済効率は高まる。

というわけで、投票所の廃止を要求するのではなく、現行制度と並行しての投票の電子化の推進をリクエストする。

-社会, 政治

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。