音楽

オーディエンスの表情


昨日、ライブレポート書く時に何を見てるかみたいなのをちらっと書いたんだけど、その中で触れた「ファンの表情」の話。

ライブのステージで、ワンマンだとみんなそのバンドを見に来るんだけど、ライブハウスの対バンやフェスなんかだと、目当てのバンドじゃないところも出てる。

そういう時に、フロアの後ろの方にいる人達の表情がどうかっていうのはわりと見てるな。

ライブハウスでいうと真ん中から後ろね。

ライブを見に来る人というのは、楽しみに来てる。基本的に聴く心構えができてる。

それで好きなバンドが出てくればそれだけで嬉しいし、好きな曲が大きな音で繰り出されればもう楽しい。

好きな曲のイントロのフレーズが鳴った瞬間きゃーって言っちゃったりするでしょ?

基本的にファンは良い表情をしてる。楽しそうで嬉しそうで、日常なかなか他者に見せることが少ないかもしれない素敵な表情をしている。

ダイブしてるヤツなんかもう、ステージから落ちる瞬間イッちゃってるもんね。とてもいい。

で、そこまで熱心じゃなくても、その会場にいるってことはまあまあ音楽を聴く体勢があるのよ。

だってさ、例え今演奏している知らないバンドのステージが良いものだったとして、「くっ...とても良いライブだけど...、表情に出してやるものか!」なんてやついないでしょ。どんなツンデレだよ。

まあ関係者は別の要因で無表情だったり厳しい表情してたりするんだけど、それは置いておく。今日はファンの話。

ぶっちゃけ、前の方のファンはもういいのよ(笑)。極端な話、家出た時からテンションあがってるから。

問題は、半分から後ろの人、つまりそのバンドを目当てで来てない人の表情。

この人たちに良いと思わせたらバンドの勝ちなわけじゃん?

おれが「これは良いライブだ」と思うときは、この人たちもだいたいいい表情してる。

さもなくばリズムに乗ってたり、少なくともステージからの演奏に耳を傾けている。

それは「伝わってる」ってことなんだよね。

伝わって、その人が良いと思って、また見たいと思って、実際来る、という長い過程の最初の一歩が始まった証拠でもある。

伝わった結果として、良いという判断を得られないこともあるし、伝わって良いと思ったけど、また見たいとは思わないこともある。

良かったからまた見たいと思ったけど、その人の状況的に再訪が難しい場合もある。

そういう選別を経て、バンドは熱心なファンを獲得していく。

だから、バンドも前の方のコアなファンばっかりじゃなくて、後ろの方のファン予備軍の人にもアプローチしてほしいと思う。

アプローチの仕方は色々ある。音、目線、表情、仕草、照明なんかを使った演出でもアプローチできる。

ライブハウスで良い表情をする人が増えれば、SNSでその旨を発信する人が増えるし、それが一定数以上になると「そんなに言う人が多いなら一度見てみようかな」と思う人も増える。

こうして良いスパイラルが発生して、またみんな楽しい思いができる。

バンドにファンが増えて損することってないからね。

バンドもファンが増えてうれしい、ファンもそれぞれ楽しい思いができる。

会場も売り上げが上がってとてもうれしい(笑)。

そういう楽しい体験の呼び水になるためにライブレポートがあるんじゃないかと思ってる。

「このバンドめっちゃ評価されてる」でもいいし、「物書きにこれだけ書かせるってことは何か良いものがあるんだろう」みたいな穿った見方でもいい。

後の楽しい体験につながる、その前段階の何かしら引っかかるそのきっかけになったら、おれもうれしい。

思うんだけど、YouTubeやSNSなんかの発達のおかげで、ただ漫然と演奏するだけのバンドは評価されにくい時代になってきた。その演奏自体はとても良いものだとしても。

沢山のバンドがそれぞれ趣向を凝らし、演出を考え、宣伝をし、技術を磨き、良い曲を作り、そしてステージに上がる。

てことは、以前よりもっと良いバンドが増えてるってことなんじゃないかしら、と思うんだよね。

それはファンになるとより楽しめるってことでもある。

だからまあ、いっぺんライブ観に来なよ。

-音楽

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。