ライブレポート

【ライブレポート】M.D.M.S @ 大塚Hearts+ 2019/12/22


このご時世にあってロックバンドの生演奏のステージというものは、再現性が無く、属人性が高く、そしてそこから受ける印象、感銘は深い。

機材の進歩、シーン全体の技術レベルの高度化によって、ミュージシャンの代替不可性が以前より下がっているとは言え、今なおこの人じゃないとこの音は出ないという存在も多くいる。

そんな中で、こいつらじゃねえとこのバンドにはならねえ!というアナログと属人性の塊のような集団が、M.D.M.Sだ。


Mamiya, Daibon, Mayo, Shinの四人でしか出せない極太の音の塊を武器にシーンを駆け巡ってきた彼らが、この日を境に活動を止めるという。

彼らが最後に選んだのは2会場サーキットのMayo Fest 2019のトリ前のステージ。

これで一旦区切りになるステージにおいてもなお、彼らは歩みを止めずに仕込んできた。

妖艶さに磨きがかかったMamiya、ギターサウンドをさらに深化させたShin、子育てのために一足先にステージを降りたはずのDaibonがまさかの予告無しの帰還、そして細いナリに反してどでかい音を鳴らしていたMayo。

この日の彼らの音のキレは出演バンドの中でもピカイチのものだった。

次々に放たれる音の塊。

その中には妖しい意志が濃厚に詰まっていた。

音に対する美学、生来の反骨心、ある種の怒り、苛立ち、音楽をやる楽しさ、M.D.M.Sをやる意味、そしてそれを止める理由。

それをフロアのファンと分かたずにはおかないとでも言うように、全てをぶちまけて、音の中に叩きつけたステージが展開された。

ライブモンスターが荒れ狂った時間はわずか25分。

しかし、その想いは会場を共にした人々の中に強く強く刻み込まれ、それぞれの中で物語となった。

我々は彼らと彼らの魂を分かちあった。

彼らは羽根を休め、眠りにつく。我々は再び時が巡ることをいつまでも待ち続けるだろう。

Mamiyaは「さよならは言わないよ」と言った。

彼ら4人の姿が再び見れる機会が来るかどうか、おそらく彼ら自身にも今はわからないかもしれない。

もしいつか、彼らが再び首をもたげる時が来て、しかしそれが今日の記憶の延長線上にはなかったとしても、それでもおれは「待ってたよ」と言うだろう。

なぜなら、この4人なら形がどう変わっても、最高の音を出してくれると確信しているから。

本稿での画像は撮影者、アーティストの許諾を得て使用しています。無断転載は禁止されています。
Photo by Rie (Twitter @0o.sea.o0 Instagram @0o.sea.o0)

-ライブレポート